不利な質問に対しての応え方

不利な質問に対しての応え方

 企業で採用係をしてきました。ベンチャー企業だったこともあり、毎日のように中途採用面接を行ってきました。そこで感じた採用したい人物像をまとめてみたいと思います。まず、不利な質問に対して冷静に落ち着いて回答することができる方です。これを聞かれたらイヤだな、という質問は誰しもあると思います。学生時代の中退の理由、前職、あるいはそれ以前の職場の退職の理由などがあるかと思いますが、採用担当はそれを容赦なく聞いてきます。

 

 正直、その辞めた理由にそこまで関心があるものではないのですが、不利な質問をした時に落ち着いて冷静に回答できるのかどうか、を見ています。話している内容は半分くらいしか聞いていません。それよりも目線を反らして話したり、声が小さくなってしまったりするとマイナスイメージになります。意地悪がしたいのではなく、もしも顧客からクレームがあった時に誠実に堂々と話ができるのか、というのが知りたいのです。また、話半分くらい、と言いましたが、話がうそっぽいかを聞いています。作り話っぽいと、その方が入社して、何かミスをした時にしっかりと正直に報告してくれるのかどうか不安になってしまうのです。面接の場に置いてマイナスのことを聞かれた時に、堂々と話すことでその方の真面目で素直な人物像がわかりますので、印象は良くなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ