職務経歴書はプレゼン資料と思って作ろう

職務経歴書はプレゼン資料と思って作ろう

 転職活動に必須アイテム、職務経歴書はどのように作っていますか?なんとなく自分のしてきたことを書き続けて終わってみたら履歴書に書いた職歴の補足みたいになっている方も少なくないのではないでしょうか?職務経歴書は自分の行ってきた仕事の内容をプレゼンテーションするための資料です。ここは力を抜いたり妥協して作っては禁物です。企業の採用担当はそもそも過去にどんな仕事をしてきたことよりも、今後入社してきたからにはどのような形で利益を出してくれるのかが関心を寄せるものですが、それを測る上で職務経歴書があります。

 

 過去に行ってきたことだけでなく、こういう経験を積んできたからこそ、入社した暁にはこういう形で貢献できます、というようなニュアンスが含まれていないと職務経歴書を何枚書いても相手には突き刺さらないでしょう。インターネットで職務経歴書の書き方を調べると、各業種向けの職務経歴書の見本が紹介されています。それのひな形を見ながら、自分が過去に成果として出してきたことを存分に書いてみましょう。この時に、これはどうでもいいかな、と思ったことでも書いてみましょう。面接の時に話のネタになることもありますし、それをキッカケに採用担当の心に突き刺さるものがあるかもしれません。とにかく自分を売り込む為の資料と思って職務経歴書を書き込んでいきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ