いわゆるイジメというものに対して、どう振舞うべきか

いわゆるイジメというものに対して、どう振舞うべきか

転職するにあたって必要な作業があります。まずは転職活動前に自分が何故、
転職に至ったのか洗い直す必要があるという点です。
転職するということは、働きながら転職活動している人もいますが、退職したと
いう経緯を踏んでいます。退職に至るには必ず理由があります。

 

他人のせいばかりにしていないで、自分自身を深く見つめ直す良い機会になります。
たとえ、自分に非が無く周囲が悪い場合でも振り返る作業は自分を成長させてくれます。
他人を思いやる気持ちが伸びるからです。

 

退職したばかりのときは、興奮している場合もあるので冷静に振り返ることが
できないこともあるかもしれません。
ですが、そこを抑えて一歩踏み出して、冷静に何で退職に至ったのかを敗因を冷静に
分析することは、今後の転職成功したあとの生活において有意義になります。

 

イジメで退職に至った場合の例についてですが、イジメが起きるにはいろんな要因があります。
コミュニケーション能力が低いから起きる要らぬトラブルが発端となっている場合もあります。
他人を立てる能力がゼロで孤立して、トラブルになる場合もあります。
他人の足を引っ張り放題の汚い面が露骨に露呈されて、イジメになる場合もあります。
仕事が出来すぎて、嫉妬されてイジメになる場合もあります。逆に、能力が足りなくて
イジメになる場合もあるでしょう。
社内恋愛の男女トラブルが発端の場合もあります。

 

このようにイジメには幅広い複雑な要因が絡んでいるものですが、イジメが発生したとき
どう対処するかが一番、大事な点になります。
危機管理意識、リスクヘッジ力を磨くことが大事です。

 

イジメの要因は何であれ、自分の身は自分で守らなければなりません。
自分が理不尽と感じたことは、その場で、自己主張しないと何をやっても良いと
相手に思われます。

 

働く現場では、協調性も大事ですが、このようなイジメを受けたときになどは、
自己主張も大事です。
と言っても、自己主張が許される度合いの限度は、相手の役職や社内の人間関係のランク
にもよりますが、それでも計算しつつ適度な自己主張をしないと、やられっ放しということに
なりますから、なめられない程度に適度な自己主張の技を身に付けることは、転職するうえで
大事な点になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ